Event is FINISHED

消灯後SESSION #1

Description
消灯後SESSION vol.1

HEART CATCH代表西村真里子氏、コクヨワークスタイル研究所所長 若原強氏と考える
働き方の選択肢↔︎軽やかな決断


《ゲスト》
株式会社HEART CATCH 西村真里子氏
コクヨ株式会社 ワークスタイル研究所所長 若原強氏
《モデレーター》
大日本印刷株式会社 豊田洋平
弁護士 酒井智也

◎ 概要
日時:2018年2月5日(月)
開場:19:00 ~
開始:19:30 ~
Meet Up:20:30〜21:00
場所:Mistletoe株式会社
参加費:1,000円 (ワンドリンク付)
定員:50名
対象:働き方、キャリア形成について興味のある方

◎イベント詳細
働き方改革、リモートワーク、副業解禁など、働き方に関する選択肢にあふれる今、自らの価値観に従い・選び・決断することが大切ではないでしょうか。
しかし、決断が必要であるとわかっていても、日々流れてくる情報を前に二の足を踏んでしまうというのも本音だと思います。

そこで私たちは、常識にとらわれず、多様な働き方を実践するゲストを招き、そのヒントを得る「消灯後SESSION」という場を作ることにしました。
記念すべき第一回目には、お二人のゲストをお呼びします。

一人は 株式会社HEART CATCH代表 西村真里子 氏。
国際基督教大学(ICU)卒業後、IBM、Adobeと外資大手企業を経て自ら起業。さらにSENSORS編集長、孫泰蔵氏率いるMistletoe株式会社のフェローを務めるなど、現在進行形で「働き方」を更新し続けています。「常にフットワークは軽く」と語る西村さんは、私たちから見ると、とても大きな転機を軽やかに決断しているように見えます。

そしてもう一人は、コクヨ株式会社 ワークスタイル研究所所長 若原強 氏。
東京大学大学院卒業後、ISID、Corporate Value Associates、博報堂コンサルティングを経て現職。2010年には経済産業省と「クールジャパン室」を立ち上げ、「産業構造ビジョン2010」の取りまとめに参画しながらCool Japan発足の礎を築く。コクヨでは新しい働き方・暮らし方の研究に従事しながら、自分自身の働き方実験として複業で個人事業を立ち上げ、個人コンサルタントとしても活動されています。

そんなお二人のキャリアのターニングポイントをインタビューしつつ、ご来場者の皆様と働くことの選択肢と決断について、シェアしたいと思います。

イベントの帰り道、みなさんの新しい決断が生まれることを期待して。

◎イベント運営者に関して
豊田洋平 大日本印刷株式会社
同社にて新規事業開発に従事。デジタルファブリケーション領域の事業化検討をきっかけに個人の新しい生き方、働き方に興味を持つ。

酒井智也 弁護士
M&A、大企業のコーポレート分野の企業法務を中心として活動する一方、シード期のスタートアップの顧問アドバイザーとしても活動する。

菊地映輝 大学付属研究所研究員、大学非常勤講師
ネット文化や若者のライススタイルについて調査研究を行う。

伊藤準記 税理士
中小企業の税務を中心とした法人サポートを行っている。プライベートでは2児の父親として日々、奮闘中。

池田陽 コンサルタント
通信会社にてインターネット動画生配信事業に従事したのち、外資系総合系コンサルティングファームにて勤務。
Mon Feb 5, 2018
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Mistletoe
Tickets
自由席 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都 港区 北青山 2-9-5, スタジアムプレイス青山 8F STRATUS TOKYO Japan
Organizer
消灯後SESSION
36 Followers